好きな本を読んでのんびりできたら幸せ・・


by chicohiro

森に眠る魚

気になっていた「森に眠る魚」を読みました。

東京の文教地区の町で出会った5人の母親。
育児を通してしだいに心を許しあうが、いつしかその関係性は変容していた・・・。

何不自由なく育った、千花。
人間関係に躓き摂食障害になったことのある、瞳。
地味な学生時代をおくった、容子。
セレブな生活に憧れ郊外から引っ越してきた、繭子。
繭子と同じマンションに住み優雅な生活を送っている、かおり。

知り合った当初は、気楽な関係だったのに、「お受験」によって5人の関係は崩れていく・・。

「サスペンス・・というよりホラーなのか・・、これ?」
と背筋がゾワゾワしながら読んでいました。はっきりいって怖い・・。
でも途中で止められないのです・・。
5人の母親と子どもたちがどんな結末を迎えるのかが気になって一気に読んでしまいました。
じわじわと精神的に追い詰められていく母親たちの心情がかなりの迫力で描かれていますよっ!

いやー、怖かった。クライマックス(第6章あたりから)・・本当に女って怖い、でもって、面倒くさい

「お受験」はしないけれど同世代の子どもを持つ母としては、「わかりたくないけど、わかるかも・・」というドロドロした部分が描かれていて読後、どよーんとすることは間違いないです。

幼稚園やらなにやらって、母親同士気の合う合わないに関係なく、ある程度のお付き合いが必要な世界だと思います。そして、専業主婦ってやっぱり暇なので、学生時代のようなお友達づきあいに発展したりするわけです・・。
この小説の母たちもそういう付き合いに発展していくのですが・・、だんだんと価値観の違いとか性格の違いととか・・「一緒にいると疲れる」お付き合いになってしまう。
そこで距離をおくのか、我慢して付き合い続けるのか?
ライバル心メラメラなのに頼っていたり、このグループしか自分にはない!と思い込んでしまうのか、自分をがんじがらめにして、どんどんドツボにはまっていくのです(読んでいてイライラする~)
昔あったよな~、という「女子」の世界が展開されています。
いくつになっても、あるのか・・、こういう世界は。あぁ、女って・・。とため息が出てしまいます。
  
この5人、育った環境、年代、夫の職業もばらばら・・生活レベルも当然違うのですが・・女の習性なのか見得の張り合い・・。人は人、自分は自分・・とはなかなか割り切れない。
そして、その見得の張り合いも、専業主婦の5人は、自分自身の実力で勝負できず・・・
夫の収入や親の援助、自分の子どもの能力・・とか自分の力ではどうにもならない部分で張り合おうとする・・だから、自分の思い通りにならないことへの苛立ちでどんどん煮詰まっていく。
育児、家事以外に何もすることがない悲劇・・というか、孤独というか・・。

「隣の青い芝生」に苛立ち疲れきってしまっている5人の母親たち・・、自分にとって1番大切なものは何か?を忘れて、煮詰まり絶望したときに、何が大切なことなのかを見出していきます。
本当に大切なことは失ったりしないと気づけないものなのでしょうか?

ママ友を作るのが悪い・・わけではないけれど、こんな風に煮詰まってしまうなら一人でいたほうがまし・・。と思える1冊。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

森に眠る魚

角田 光代 / 双葉社


[PR]
# by chicohiro | 2009-05-22 23:30 | 小説

八日目の蝉

不倫相手の留守宅に忍び込み、眠っていた赤ん坊を思わず連れ去ってしまった希和子。
産むことのできなかった自分の赤ん坊と重ね合わせ、薫と名づけ大切に育てる。
子供との生活を守るために希和子の逃亡生活が始まった。

「何で、そんなダメ男にずるずるいっちゃうんだよ~!」と最初は思いながらも、
かなり小説にのめり込んで読んでしまいました。
前半は、誘拐犯希和子の視点で3年半の逃亡生活が克明に描かれ、
「いつこの逃亡生活が終わってしまうのか?」とハラハラしながら読み進み・・。
後半は、大学生となった誘拐された少女の視点で、彼女のその後人生が描かれ、
事件のその後の経過、判決も明らかになっていきます。

育ての親から引き離され、産みの親のもとに戻される。
誘拐されていた3年半という長い時間が作った親子の溝は思いのほか深く、
二人の母を憎むことでしか生きることのできない恵理菜。

母になれなかった女、母になりきれなかった女、母になる女。と、3人の女性を通して母親とは何なのかを問いかける小説であり、血のつながりはあっても埋めることのできない溝が存在してしまった家族、血のつながりはなくても本物の親子のようだった二人。。というあり方を通して、家族って何なのかを問いかける小説でもあったと思います。

最後は「重い・・重過ぎる」という終わり方ではなく・・ほっとしました。
次に読んでみたいのは、森に眠る魚 帯に「読後感は決してよくない」と書かれていましたが・・気になります。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

森に眠る魚

角田 光代 / 双葉社



八日目の蝉

角田 光代 / 中央公論新社




 
[PR]
# by chicohiro | 2009-04-26 22:38 | 小説

なんくるない

よしもとばななさんにはまっていたのは10年以上前・・・。
何故だか、よしもとばななさんの本を久しぶりに読みたくなって思わず購入。表紙もかわいらしかったので・・。
のんびり読んでいたら、読み終わるのに1ヶ月近くかかってしまいました

沖縄を舞台にした四つの物語。
表題作の「なんくるない」が一番印象に残りました。
離婚の傷がいえない私が、沖縄でだんだんと癒されていくお話です。

気持ちが疲れている時に読むのがおすすめ・・・リラックスできる1冊です。
そして、沖縄・・とまではいかなくても、都会の喧騒を忘れられるところに行きたくなります。
普段の生活では、いかにごちゃごちゃと余計なことを考えて、時間に追われてバタバタしてしまっているか・・と改めて思いました。
都会の喧騒から、そうそうしょっちゅう離れられるわけではないので、「何かしんどい・・」と感じたら、

”きっと、東京だったらあれこれ考えてしまうと思う
どんどん突き詰めて、どんどん細かくなって
いろいろ自分で決めて、自分を縛ったりしてしまう
どうして私は先を急いでいるのだろう?・・・”

という主人公の言葉を思い出そう!なーんて思ったのでした。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

なんくるない (新潮文庫)

よしもと ばなな / 新潮社

なるほどの対話 (新潮文庫)

河合 隼雄 / 新潮社



『なるほどの対話』も面白かったです♪ 子育てに悩んだときにホッと肩の力が抜けそうなことが書いてありましたよ。
[PR]
# by chicohiro | 2009-03-21 15:28 | 小説

センセイの鞄

年末から少しずつ読んでいて、ようやく読み終わりました 『センセイの鞄


駅前の居酒屋で高校の恩師と十数年ぶりに再会したツキコさんとセンセイのゆったりとした日々が、四季の移り変わりと、酒と肴とともに描かれています。

老境を目の前にしたセンセイともうそれほど若くはないツキコさんの日々は、
のんびりゆったりとしていてうらやましく感じ・・
ゆっくりと育まれていく二人の恋の行方に時に切なくなり、そしてほのぼのとした幸せを感じ・・
自分にとって大切な人がいることの幸せをしみじみと感じさせられました。
そして、ラストシーン(ほんの4行)には予想外にほろりと泣けてしまいました。


登場する食べ物がおいしそう&作品のゆったりとした時間の流れがあわただしい毎日を忘れさせてくれる1冊でした。そして、大切な人とのなにげない時間の幸福や大切さが際立つ本だなぁと思いました。


おいしい食べ物が登場する小説を読むと、「毎日の料理を丁寧につくらなくちゃ」とその時だけ思ってしまいます。
[PR]
# by chicohiro | 2009-01-04 16:31 | 小説